FC2ブログ
畿内説、九州説、百花乱立の邪馬壹國の比定地 過去の考古学、民俗学の定説に囚われ過ぎているのか プロの歴史学者も、アマチュアの歴史愛好家も 迷宮を彷徨う 魏志倭人伝の呪縛の29文字 南至投馬國 水行二十曰 南至邪馬壹國 女王之所都 水行十日 陸行一月 もし、二十日 十日 一月の記述が無かったならどうだろう 2015年、今、邪馬壹國の比定をGoogle Mapsから試みた


55.東西5月 南北3月(その2)

隋書倭國伝は、色々と興味深い記述があります。
今回は、以下の記述を考察します。

其國境東西五月行 南北三月行 各至於海 
其地勢東高西下 都於邪靡堆


倭國の國境の東の端から西の端まで5月で、南の端から北の端まで3月である。
東西、南北いずれも海に面している。

隋書の邊防を記述した東夷篇、南蠻篇、西域篇、北狄篇には、似たような記述の文章があります。

東夷篇

高麗伝

 其國東西二千里 南北千餘里 都於平壤城

百濟伝
 其國東西四百五十里 南北九百餘里 南接 新羅 北拒 高麗 其都曰居拔城

南蠻篇

婆利伝
 其國界東西四月行 南北四十五日行 王姓 剎利邪伽 名 護濫那婆

西域篇

高昌伝
 其境東西三百里 南北五百里 四面多大山


倭國、高麗國、百濟國、婆利國、高昌國、いずれも東西、南北の長さを示し、國の範図の大きさが記述されています。
私は以前、倭國伝其國邪靡堆にかかると考えていましたが、正しくないことが分かりました。
邊防の記述を比較して考察すると、其國倭國にかかると考えるが自然です。以前の見解を訂正させていただきます。
倭國の範図を図で示すと以下のようになります。

海2

この図は重要です。これだけで倭國を比定することができます。
隋書倭國伝のこの5月3月の記述に関して、正面から取り組んだ考察はないように思います。
検討はそれほど難しいことではありません。
東西5、南北3の長さの比の直線を作ります。これを日本列島の各地域にあてはめてみて、東西、南北が四方が海となる地点は見つければよいのです。

日本列島01

四方を海に囲まれた日本列島ですが、東西5、南北3の長さの直線で示した地域で、東西、南北がそれぞれ海に囲まれている地域は、限られていることが分かりました。

南九州、近畿、西日本にあてはまる地域はありません。

南九州南九州01

近畿

近畿01

近畿02

西日本

西日本01

東西5、南北3の長さの直線で示した地域で、東西、南北が海に囲まれた地域となるのは、北九州、山口県、四国、中部北陸甲信関東にわたる地域、青森県下北半島、北海道になります。

北九州

九州北部01

山口県

山口01

四国

四国01

中部北陸甲信関東にわたる地域

中部関東01

青森県下北半島

青森01

北海道

北海道01

この考察は日本列島の地図と定規があれば誰にでも出来ます。
大学の日本古代史のゼミの学生の中には、私と同じような考察を行った人が何人もいたと思います。
しかしこの考察の結果は、権威にとっとは都合が悪いのです。
後ほど考察します。

さて、隋書倭國伝の記述は以下の文章が続きます。

其地勢東高西下

倭國の地形の起伏は、東が高く西が低い。

先ほどの東西五月行 南北三月行 各至於海 に該当する候補地で、どこが東高西低の地勢に該当するのかを北から順に見ていきます。

北海道

北海道02

岩見沢あたりから眺めると東高西低となりますが、道東地方までを範図とすると、東高西低とはいえないと思います。

青森県下北半島

青森02

下北半島は西高東低の地勢です。東高西低には該当しないと思います。

中部北陸甲信関東にわたる地域

中部関東02

明らかに西高東低の地勢で、東高西低には該当しないと思います。

四国

四国02

四国四国山地が東西に走っている地勢です。南高北低の地勢で東高西低には該当しないと思います。

山口県

山口02

山口県は山地が多く平野の少ない県です。あえて言えば北高南低で東高西低には該当しないと思います。

北九州

北九州02

北九州東高西低の地勢と言って良いのではと思います。
佐世保市、武雄市、佐賀市、久留米市、うきは市、日田市、玖珠町、由布市、別府市、大分市結ぶ線上を見てみます。
西側には、国見山(標高776m)、虚空蔵山(標高609m)、黒髪山(516m)が標高500mを越える山です。
一方東側には、鶴見岳(標高1374m)、由布岳(1583m)立石山(1032m)をなどの標高1000mを超える山があり、さらに、兜山(997m)、鷹取山(801m)などの標高800m以上の山があるのです。
東高西低の地勢に矛盾はないと推測します。

隋書倭國伝の以下の文章だけを文献学的に考察しました。

其國境東西五月行 南北三月行 各至於海 
其地勢東高西下 都於邪靡堆


考察の結果、倭國は長崎、佐賀、福岡、熊本、大分にわたる北九州である可能性のあることが分かりました。
この仮説は権威には大変都合の悪い仮説です。
また私はあまり足を踏み込みたくない領域なのですが、日本の国体にも影響を与える仮説なのです。

隋書魏徴長孫無忌らがの時代に編纂し、倭國伝を含む列伝は656年に修史されました。の時代が記述されています。
の時代は581-618年です。
そして隋書倭國伝には、倭國北九州にあり、その範図は、長崎、佐賀、福岡、熊本、大分にわたったと記述されているのです。
また隋書倭國伝には、608年以降、倭國との交流が途絶えたと記述させれています。

つまり608年までは、倭國北九州を範図としていたことになります。
このことは旧唐書の別の記述も示唆しています。

この仮説は従来の通説を根底から覆すことになります。
いわゆる大和朝廷による全国統一は、世紀(608年)以降であったことになるからです。

日出處天子は、北九州倭國の王であったことになります。
大和朝廷の王ではないのです。


つづく

不定期、週末更新予定


スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

つまり608年までは、倭國は北九州を範図

>つまり608年までは、倭國は北九州を範図としていたことになります。このことは旧唐書の別の記述も示唆しています。
 
 この仮説は従来の通説を根底から覆すことになります。いわゆる大和朝廷による全国統一は、7世紀(608年)以降であったことになるからです。

〇興味深い記事ですね。この辺の解説、拙ブログの内容とも一致しています。続報が楽しみです。
 草々

稲作のルーツ

レインボーさんへ

コメントありがとうございます。
励みになります。

「稲作以前」 佐々木高明 洋泉社
「稲作の起源を探る」 藤原宏志 岩波新書
を読んで以来、
レインボーさんのブログは興味を持って拝読させていただいています。

全ての文明、文化は、大陸、半島から伝わったとするのが通説です。
あくまでこれは仮説です。
日本が起源で、古代中華文明、朝鮮半島に伝わった技術もあったはずだとの仮説を常に想定して考察しています。

このあたりも今後記事にしていきたいと思っています。




プロフィール

KATS.I

Author:KATS.I
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる