畿内説、九州説、百花乱立の邪馬壹國の比定地 過去の考古学、民俗学の定説に囚われ過ぎているのか プロの歴史学者も、アマチュアの歴史愛好家も 迷宮を彷徨う 魏志倭人伝の呪縛の29文字 南至投馬國 水行二十曰 南至邪馬壹國 女王之所都 水行十日 陸行一月 もし、二十日 十日 一月の記述が無かったならどうだろう 2015年、今、邪馬壹國の比定をGoogle Mapsから試みた


43.扶桑國(その3)

扶桑國の比定地の考察をはじめます。
梁書卷第五十四列傳東夷伝には、序文と列伝の2ヶ所に扶桑國の記述があります。序文の記述は、

扶桑國 在昔未聞也 
普通中 有道人 稱自彼而至 其言元本尤悉 故並錄焉

扶桑國。昔は未聞であった。
の時代の普通年間(520年から527年の間)に、彼の地(<扶桑國)から来たと称する道人がいた。その人の言うことは、昔のことも今のことも悉く(ことごとく)尤(もっと)もである。それ故に(扶桑國も)合わせて記録をする。

そして、扶桑國列伝の文頭の記述は以下です。

扶桑國者 
齊永元元年 其國有 沙門慧深 来至荊州
説云 扶桑在 大漢國東 二萬餘里


扶桑國の人 
の時代永元元年(499年) その国に慧深とゆう僧侶がいて 荊州にやって来た。
言うことによると 扶桑國大漢國の東 二万里(1066km)にある。

この扶桑國列伝の文頭は不自然に思えます。
史書は編纂者達が、過去の文書、記録および関係者からの伝聞などから編集します。ほとんどの記述には典拠がありますが、通常は典拠は記述しないのです。
荊州 説云」などと典拠を明記するのは特別な場合と考えられるのです。
しかもこの列伝の文頭では、道人ではなく慧深の説が典拠されているのです。序文の扶桑國の記録は、道人の言を元にしたとの説明と整合していないのです。
499年の慧深と520年代の道人は別人と考えるのが自然です。
道人の言は、尤悉とあるように信憑性が高いと判断しています。
一方慧深の説は、信憑性が低いと判断していると思えます。慧深道人と同一人物であれば、慧深の説も信憑性が高いわけで、「説云」でなく「」と記述したと推測するからです。

荊州 説云は、以降の文のどこまでを修飾しているのでしょうか。それは、大漢國 東二萬餘里までと推測します。文章の句読点、段落は、以下となります。

扶桑國者。 
齊永元元年、其國有沙門慧深、来至荊州。説云、扶桑在、大漢國 東二萬餘里。 
地在、中國之東。其土多扶桑木、故以爲名。


説云は、地在中國之東を修飾していないと推測します。もし修飾しているのであれば、扶桑國を指す名詞の「」は不要で、以下の文にするのが自然です。

説云、扶桑在、大漢國 東二萬餘里、中國之東。

あるいは、

説云、扶桑在中國之東、去大漢國 東二萬餘里。

もしくは、動詞の「」を省略して

説云、扶桑在、大漢國 東二萬餘里、其地中國之東。


地在中國之東の文は独立しています。

扶桑國者。 
地在、中國之東。其土多扶桑木、故以爲名。


上のように齊永元・・・二萬餘里。の文を削除しても、文書へ支障が無いことが分かります。慧深説云は、扶桑在 大漢國東二萬餘里だけで、以降の文、地在、中國之東。其土多扶桑木、故以爲名。からは、慧深説云ではなく、道人を典拠していると推測します。

また、
説云、扶桑在、大漢國東二萬餘里。
であり、
、扶桑在、大漢國東二萬餘里。
ではないのです。

慧深の説の信憑性は低いのです。
何故、信憑性の低い慧深の説を敢えて典拠したのでしょうか。

梁書東夷伝では、文身國大漢國の文頭は以下で始ります。

文身國 在倭國 東北七千餘里
大漢國 在文身國 東五千餘里

文章の調律を合わせるために

扶桑 在大漢國 東二萬餘里

の一文を入れたのだと推測します。
では、大漢國名古屋市)の東20,000里の地点を見てみましょう。1里=53.3mと仮定しました。20,000里=1066kmとなります。

二万里

名古屋市から東1066kmの地点は、太平洋の中となり、陸地は無いのです。

編纂者達は、東二万里は錯誤であると周知していたと思われます。にも拘らず、文章の調律を合わせるために、あえて慧深の説を典拠として扶桑 在大漢國東 二萬餘里の一文を記述したのです。
そして錯誤であることを明確にするために、慧深が云うには、と但し書きを入れたのでしょう。さらに序文に、道人の言は悉く尤もであると補足して、以降の地在、中國之東からの文は、信憑性があると説明しているのです。
編纂者達は丁寧に資料調査を行い、典拠に基づいて律儀に編集したのでしょう。典拠に錯誤があっても、そのまま引用して、加筆はしなかったのだと憶測します。

大漢國の東二万里は錯誤であると憶測します。距離の二万里だけでなく、方位の東も怪しいのです。
一方

地在、中國之東

扶桑國中國の東にあった。

これは道人の言であり、信憑性が高いと考えてよいと思います。
の都は建康南京市)にありました。
では、南京市から東の方位を見てみます。

中國東1

東の範囲は、東南東~東北東と考えます。
日本列島の石川県新潟県福島県以南が該当します。北海道と大部分の東北地方は、東の方位ではなく、東北の方位となるので扶桑國の比定地には該当しないことになります。しかし梁書からは、扶桑國の比定地を考察することは困難です。

扶桑國の記述は、通典にもあります。梁書通典はいづれもの時代に修史されました。

梁書 修史629年。梁の502年ー557年を編纂。
通典 修史801年。紀元前2500年頃ー唐の750年を編纂。

通典邊防第一巻序列に以下の記述があります。

倭國一名日本在 中國直東
扶桑國復在 倭國之 約去中國三萬里 蓋近於日出處


倭國、一名日本は、中國の真東にある。
扶桑國倭國の東にある。中國から約3万里である。日の出るところである天蓋(天と地の境界)に近い。



次回は、通典を元に、扶桑國の比定地を考察します。



(つづく)
不定期、週末更新予定

スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KATS.I

Author:KATS.I
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる