畿内説、九州説、百花乱立の邪馬壹國の比定地 過去の考古学、民俗学の定説に囚われ過ぎているのか プロの歴史学者も、アマチュアの歴史愛好家も 迷宮を彷徨う 魏志倭人伝の呪縛の29文字 南至投馬國 水行二十曰 南至邪馬壹國 女王之所都 水行十日 陸行一月 もし、二十日 十日 一月の記述が無かったならどうだろう 2015年、今、邪馬壹國の比定をGoogle Mapsから試みた


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

38.文身國(3)

梁書に記述されている文身國、岡山県東備地域(備前市、瀬戸内市、赤磐市、岡山市(御津、上道)、和気町、吉備中央町(加茂川))日笠川、もしくはその下流の吉井川沿いに在った、と憶測するに至りました。

文身國11

梁書文身國には以下の記述があります。

・文身國在 倭國東北七千餘里
 ・繞屋爲壍 廣一丈 實以水銀


 ・文身國は、倭國(邪馬台國)の東北7000里373km)に在る。
 ・家の周りに巾1丈の溝をめぐらせ、水銀で満たした。

文身國には自然水銀鉱山があったと憶測します。
1里53.3mと仮定しました。再び邪馬台國八女市)から東北7000里373km)地点を見てみます。

7000里

全国の水銀鉱山の分布図を見てみます。図は以下のサイトから拝借しました。

山口大学工学部 学術資料展示館
http://www.msoc.eng.yamaguchi-u.ac.jp

水銀鉱山

373km地点に該当する水銀鉱山は以下の2地点です。
 ・和気鉱山岡山県和気郡和気町藤野
 ・由岐鉱山水井鉱山)(徳島県阿南市水井町

由岐鉱山水井鉱山)は、倭國邪馬台國)からの方位は、東微北77°で東北ではなく東の方位となり、東北の記述に合致しません。
一方、和気鉱山の方位は、東北微東61°であり東北に合致します。
文身國にあった水銀鉱山は、和気鉱山であったと憶測します。

文身國12


そして、文身國は、和気鉱山の横を流れる日笠川の流域、もしくはその下流の吉井川流域にあったと憶測します。
和気鉱山から南側の俯瞰図を以下に示します。


和気鉱山


次回は、大漢國を比定します。


(つづく)
不定期、週末更新予定







スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KATS.I

Author:KATS.I
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。