畿内説、九州説、百花乱立の邪馬壹國の比定地 過去の考古学、民俗学の定説に囚われ過ぎているのか プロの歴史学者も、アマチュアの歴史愛好家も 迷宮を彷徨う 魏志倭人伝の呪縛の29文字 南至投馬國 水行二十曰 南至邪馬壹國 女王之所都 水行十日 陸行一月 もし、二十日 十日 一月の記述が無かったならどうだろう 2015年、今、邪馬壹國の比定をGoogle Mapsから試みた


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

35.其北岸狗邪韓國

邪馬台國の場所の比定に関して、既存の文献からは新しい発見はない。後は考古学的な発見を待つだけである。と云われる研究者の方がいます。果たして魏志倭人伝の研究は十分行われたのでしょうか。通説を踏襲しただけなのではと思えます。魏志倭人伝に以下の記述があります。

其北岸狗邪韓國

多くの研究者が狗邪韓國は、現在の釜山、あるいは金海と比定しています。そうなのでしょうか。

北岸釜山金海

狗邪韓國は、対馬よりも北側にあることは明らかと云えます。後世、朝鮮半島南部には倭人倭国)が支配した任耶が存在しました。であるので狗邪韓國はその前身である主張されます。この見解は歴史学的考察です。文献学的考察ではありません。
釜山金海朝鮮半島南岸です。魏志倭人伝の記述の北岸とは一致しないのです。文献学的考察をするならば、純粋に北岸の意味を検討しないといけません。北岸の意味は、北側に海がある陸地を指します。大陸、半島、島の北側の海に面した陸地と解釈するのが基本です。ただし地中海北岸琵琶湖北岸の表現をします。この場合は、海、湖を主体として相対的位置を示すので陸地から見れば南岸であっても北岸と記述することがあります。どちらなのかは文章からの解読が必要です。

ここではが何の代名詞なのかを考察する必要があります。

魏志倭人伝は以下の文章で始ります。

倭人在 帶方東南大海之中

その後、以下の狗邪韓國の記述に続きます。

從郡至倭 循海岸水行 歴韓國 乍南乍東到 北岸狗邪韓國 七千餘里


この文章には、地名の固有名詞が四つあります。郡、倭、韓國、狗邪韓國はこのどれかの代名詞であると考えられます。
は移動の起点を示すがあるので該当しないと考えます。
また、韓國も見て回るの意味のがあるので該当しないと考えます。
が示すのは狗邪韓國のどちらかとなります。

倭人在 帶方東南大海之中

その前の文章で、倭人は大海の中に在ると記述されています。
倭人が海上を支配していたのであれば、北岸は、の支配する海の北の岸であり、を示しているとの解釈も可能です。半島の南岸にある釜山金海が該当します。

海上の倭國

しかし以降の記述では、倭人は大陸を離れた大海の陸地(島)の上の九州にあると記述されています。は海上ではなく陸にあるのです。
つまりを示してるのであれば、の支配している海の北岸ではなくなります。
陸地の北岸が、つまり九州の北岸が狗邪韓國とないます。

陸上の倭國

以降の文章をみてみましょう。

始度一海 千餘里 至對馬國 

対馬との関係から狗邪韓國は、九州北岸でないことが分かります。

北岸狗邪韓國に到着した。これは成りたたないのです。の代名詞ではないのです。

狗邪韓國を指すならどうでしょうか。以下の文をあらためて検討します。

到其北岸狗邪韓國

狗邪韓國北岸に到達した

狗邪韓國が島とするなら、その島の北岸に到着したと解釈することが出来ます。文献学的に考察すると、狗邪韓國は島であり、狗邪韓國の北側の海岸に到着したと解釈するのが妥当です。
この島は対馬の北側となります。地図を眺めると対馬の北側にある島は、巨済島になります。狗邪韓國巨済島であると推測するに至りました。

北岸巨済島


(つづく)
不定期、週末更新予定


スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

少し文章を修正しました。
プロフィール

KATS.I

Author:KATS.I
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。