畿内説、九州説、百花乱立の邪馬壹國の比定地 過去の考古学、民俗学の定説に囚われ過ぎているのか プロの歴史学者も、アマチュアの歴史愛好家も 迷宮を彷徨う 魏志倭人伝の呪縛の29文字 南至投馬國 水行二十曰 南至邪馬壹國 女王之所都 水行十日 陸行一月 もし、二十日 十日 一月の記述が無かったならどうだろう 2015年、今、邪馬壹國の比定をGoogle Mapsから試みた


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03.1里=53.3mの考察

魏志倭人伝に記述されている1里=何mかを、一大國(壱岐島)の大きさの計測値、1辺=300里から推測しました。
壱岐島は、南北17km、東西15kmですから、15-17kmの中心値16kmを採用して、300里=16km。1里=53.3mを基準と設定しました。

この1里=53.3mを、三国志の記述から妥当かを考察してみます。考察には、以下のホームページを利用させていただきました。
責任者の方々には大変感謝いたします。
「三国志(原文)を全文検索」
  http://www.seisaku.bz/sangokushi.html 
「漢籍完訳プロジェクト IMAGINE」 
  http://www.project-imagine.org

三国志には、距離を里で記述した箇所が、随所に見られます。
武帝紀第一張樂于張徐傳第十七の2巻を考察しました。訳文に1里=53.3mと換算した数値を示しました。また参考値として1里=400mとした場合の換算値を示しました。

1. 國志卷一/魏書一/武帝紀第一

距離を里で記述した箇所は、7箇所ありました。
2つが同じ章で記述されている以下を考察してみます。

(本文)
「秋七月大水、傍海道不通、田疇請爲鄉導、公從之。引軍出盧龍塞、塞外道絕不通、乃塹山堙谷五百餘里、經白檀、歷平岡、涉鮮卑庭、東指柳城。未至二百里、虜乃知之。尚熙與蹋頓遼西單于樓班、右北平單于能臣抵之等將數萬騎逆軍。」
(訳文)
秋七月、洪水となり、海岸沿いの道は不通になった。田疇が郷導(道案内)したいと申し出たので、公はそれを聞き入れた。軍勢を率いて盧龍塞を出たが、塞外の道は断絶して不通であったため、山を壍って谷を堙ぐこと五百里(26.7km)余り、白檀を経過し、平岡を通過し、鮮卑の地を渉り、東へと柳城を目指した。二百里(10.7km)手前まで来て、虜どもはやっとそれに気付いた。袁尚・袁煕は蹋頓・遼西単于楼班・右北平単于能臣抵之らとともに数万騎を率いて迎え撃つ

(参考値 1里=400m)
   500里=200km
   200里= 80km

1里=53.3mは臨場感があり、無理が無いように思えます。
 1里=400mは長いと感じます。

2. 三國志卷十七/魏書十七/張樂于張徐傳第十七

距離を里で記述した箇所は、2箇所ありました。最初に記述されている以下を考察してみます。

(本文)
「灊中有天柱山、高峻二十餘里。道險狹、步徑裁通、蘭等壁其上。」
(訳文)
灊県には天柱山というのがあり、高く鋭く二十里(1066m)余りもあり、道は狭く険しく、歩道は僅かに通じている程度で、陳蘭らはその頂上に城壁を築いている 。

(参考値 1里=400m)
  20里=8000m 

安徽省旅行局のホームページより
天柱山。
「安徽省西南部の潜山県内に位置し、、(一部略)、奇峰が連なり、天柱、飛来、天獅、蓮花、天池など45の山峰があり、うち海抜1489.2m天柱峰は、一峰が天高く聳える。」

Google Mapsで、天柱峰を見てみました。

天柱山

(つづく)
不定期、週末更新予定
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KATS.I

Author:KATS.I
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。