畿内説、九州説、百花乱立の邪馬壹國の比定地 過去の考古学、民俗学の定説に囚われ過ぎているのか プロの歴史学者も、アマチュアの歴史愛好家も 迷宮を彷徨う 魏志倭人伝の呪縛の29文字 南至投馬國 水行二十曰 南至邪馬壹國 女王之所都 水行十日 陸行一月 もし、二十日 十日 一月の記述が無かったならどうだろう 2015年、今、邪馬壹國の比定をGoogle Mapsから試みた


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

32.呪縛

文献を解読する中で、不審な点があれば仮説を立てそれを検証することが必要です。

魏志倭人伝を解読して、邪馬壹國の比定地を特定しようとすると、水行20日、水行10日、陸行1月に呪縛されてしまうのです。時間の単位ではなく距離の単位であると識見することにより、呪縛から開放されます。日と里の換算値は、魏志倭人伝そのものに記載されているのです。

 去女王 四千餘里 
 又有 裸國 黑齒國 復在其東南 船行一年可至


この記述から4000里=1年(=354日)(1日=11.3里)であることが分かるのです。1年=354日とした根拠は、前回の記事31.水行20日 水行10日 陸行1月は何里なのかをご参照ください。以前の記事 20.「里」と「日」の換算に記載しましたが、4000里=1年の記述は、魏志倭人伝だけに限らないのです。

梁書倭國伝
 其南 有侏儒國 人長三四尺
 又南 黒齒國 裸國 去倭四千餘里 船行可一年至


南史倭國伝
 其南 有侏儒國 人長四尺 
 又南 有黒齒國 裸國 去倭四千餘里 船行可一年至


ただし、以下の文献の記述は異なっています。

後漢書倭伝
 自女王國南 四千餘里 至朱儒國 人長三四尺 
 自朱儒 東南行船一年 至裸國 黒齒國 


通典倭國伝
 又千餘里 至侏儒國 人長三四尺 
 自侏儒 東南行船行一年 至裸國 黒齒國


ここではそれぞれの文献の真偽には触れませんが、魏志倭人伝の記述から4000里=1年と仮定するのは、決して奇矯とは云えないのです。

さて、距離の単位であることは、隋書倭國伝の以下にも記述されています。

 夷人 不知里數 但計以日

夷人(倭人)は、里を単位として数えることを知らない。
しかしその代わりに、日をある一定の基準に基づいた単位として、
距離を正確に計測している。」

この文をこのように訳した見解は、前回の記事31.水行20日 水行10日 陸行1月は何里なのかをご参照ください。

通説では、以下のように訳します。

夷人(倭人)は里數を知らず、但だ日を以って計る。」

これは明らかに中国語の誤訳です。このように訳してしまうと文章として意味を成さないのです。一連の文章は以下です。

 魏時譯通中 國三十餘國 皆自稱王
 夷人不知里數 但計以日 
 其國境 東西五月行 南北三月行 各至於海


夷人(倭人)は、距離を計測するすべを知らない。1日の移動距離でいい加減に距離を捉えている、との意味で記述したのであれば、5月、3月は時間の単位であることは共有認識なので、夷人(倭人)が、里を知っていても、知らなくても、夷人 不知里數 但計以日の一文は無くていいのです。脈絡の無い、無意味な文です。以下の文章で十分意味を成すのです。

 魏時譯通中 國三十餘國 皆自稱王
 其國境 東西五月行 南北三月行 各至於海


また、夷人 不知里數 但計以日の一文が無くても隋書倭國伝の他の記述へは一切影響を与えないのです。

五月、三月は当時の魏國では時間の単位として認識されていました。しかし夷人(倭人)は月(日)を距離の単位としていた。なので、月(日)は時間の単位ではなく、距離の単位であることを説明するため「夷人不知里數 但計以日」の一文はどうしても必要で、注釈として記述したのだと推測します。

多くの研究者は「夷人不知里數 但計以日」を前後の文との関連を考慮せず、独立した文として解読しています。ですので誤訳してしまうのでしょう。文献を解読するには、一文一文前後の関連を慎重に考慮して、吟味する必要があるのです。

梁書倭國伝にも、距離の単位であることを示す以下の記述があります。

從帯方至倭 循海水行 
歴韓國 乍東乍南 七千餘里
始度一海 
海闊千餘里 名瀚海 至一支國
又度一海千餘里 名未盧國 
又東南陸行五百里 至伊都國 
又東南行百里 至奴國 
又東行百里 至不彌國 
又南水行二十日 至投馬國 
又南水行十日 陸行一月日 至祁馬臺國 即倭王所居

陸行一月日一月となっている点です。時間の単位であれば一月日は不自然では不要です。しかし、距離の単位であるので、これを明瞭にするにはは必要で、意図的に一月日と記述したと推測します。

余談ですが、魏志倭人伝に記述されている帯方郡から邪馬壹國までの行程は、7世紀に上記の通り連続であると梁書倭國伝に記述されているにも関わらず、現代に於いて放射説を唱える研究者の方がいらっしゃいます。自らの勉強不足を吹聴しているのでしょうか。

隋書倭國伝の以下の記述を考察してみます。
 
其國境 東西五月行 南北三月行 各至於海

その国(邪馬壹國)の際目を起点として、東に5月、西に5月、南に3月、北に3月行くとそれぞれ海に至る

距離の単位と前文に記述があります。5月、3月は距離150日、90日です。図で示すと以下です。
海1

多くの研究者の方々は、この平易な記述を以下のように誤謬しています。

その国(邪馬壹國)の国境は海で、東西を行くと5ヶ月、南北を行くと3ヶ月を要する。

図で示すと以下です。
海2
何故このような誤謬が生まれたかと考えると、國の大きさの識見が誤っているからです。当時の國の大きさは、現在の町か村程度の大きさで5-10km四方であったと憶測します。國の大きさを、戦国時代の各大名の領土と同程度と誤想しているのでしょう。

以下の記述の解読に立ち戻り考察してみます。

其國境 東西五月行 南北三月行 各至於海

5月3月距離です。1日11.3里と仮定しました。また1里53.3mと仮定しました。1日53.311.3602mになります。
5月=11.3里x150日=53.3mx11.3x15090km
3月=11.3里x90日=53.3mx11.3x9054km
となります。

以前19.1日=11里(586m)の考察に記述しましたが、このときは邪馬壹國の國の大きさを考慮しませんでしたので、再度考察します。
邪馬壹國の大きさを5km四方と憶測します。
この5kmを加えて東西185km(5km+90km+90km)、南北113km(5km+54km+54km)の楕円を日本列島に当てはめてみます。
日本列島

90km、西90km行くとそれぞれ海に到達する地点は、全国でも限られていて、福岡県筑後地域山口県山防地区北部高知県嶺北地域青森県と秋田県の県境の十和田湖北海道名寄市の5箇所になります。図に示した奈良県は該当しません。
この中で54km、54km行くとそれぞれ海に到達するに最も近いのは、福岡県筑後地域だけです。他の4箇所は、54kmよりだいぶ短いか、もしく海は、はるか遠くになります。
隋書倭國伝は次の記述が続きます。

其地勢 東高西下

その地形は東が高く、西に行くほど低くなる。

これは、東に津江山地、西に有明海を有する、正に福岡県筑後地域を記述したものに他ならないのです。

八女市


==隋書倭國伝==
夷人 不知里數 但計以日
其國境 東西五月行 南北三月行 各至於海
其地勢 東高西下





(つづく)
不定期、週末更新予定
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KATS.I

Author:KATS.I
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。