畿内説、九州説、百花乱立の邪馬壹國の比定地 過去の考古学、民俗学の定説に囚われ過ぎているのか プロの歴史学者も、アマチュアの歴史愛好家も 迷宮を彷徨う 魏志倭人伝の呪縛の29文字 南至投馬國 水行二十曰 南至邪馬壹國 女王之所都 水行十日 陸行一月 もし、二十日 十日 一月の記述が無かったならどうだろう 2015年、今、邪馬壹國の比定をGoogle Mapsから試みた


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30.方位

魏志倭人伝の方位は、北極を北とする地軸(子午線)に基づくと仮定するに至りました。それでは魏志倭人伝の記述されている方位と地軸を基準とした方位との相違を検証いていきます。検証のためには、起点地を比定する必要があります。

1.帯方郡から邪馬壹國

倭人在帶方東南

帯方郡郡治東南(135°)倭人(邪馬壹國)があると記述されています。それぞれの比定地は、以下としました。

帯方郡 開城市
邪馬壹國 八女市役所


開城市から八女市を見てみると、ほぼ東南144°の方位となります。正確には-9°のずれがあります。ただし、魏志倭人伝の記述は、8方位です。±22.5°のずれは許容差の範囲です。

2.比定地の訂正

これまで、各國の国邑を比定してきましたが、今回、方位を検証してみて、記述と地軸を基準とする方位とのずれが20°以上ある箇所が4ヶ所ありました。これらは、比定地を見直す必要があることが分かりました。

2-1 對海國、一大國

 對海國一大國は、それぞれ、対馬市厳原町壱岐市郷ノ浦町と比定しました。しかし、厳原町から郷ノ浦町の方位は、東南(144°)の方位で、記述の南(180°)との相違が36°で、方位が合致しません。そこで以下のように比定地を訂正します。

 對海國 対馬市比田勝町
 一大國 壱岐市勝本町


方位は南南東(163°)となり、南(180°)の記述との相違が17°となり許容差の範囲となります。これまで對海國一大國の方位には、疑問を持っていましたが、これは比定地が正しくなかったと憶測します。
魏志倭人伝に記述されている方位は、地軸に基づく方位である仮定することにより、どこを基点、終点として記述されたのかが鮮明になってくるのです。

方位1


2-2 末廬國

一大國から末廬國へ、魏国の使節団はどのように移動したのでしょうか。現在、フェリーの定期路線は、郷ノ浦港→博多港芹辺港→博多港印通寺港→唐津港の3路線があります。しかし当時、客船の定期路線便はなかったと憶測します。
漁師の漁船、あるいは、行商に出かける島民の小船などをチャーターしたのでしょうか。安全保障の観点から、漁師、島民の船を利用することは無かったと憶測します。
帯方郡から狗邪韓國對海國一大國末廬國へは全て、の使節団の専用船で移動したと憶測します。

帆船 帆船2

末廬國到着後は、この専用船を適切な場所に停泊して、陸行水行をしたと憶測します。従って末廬國は、魏国の専用船を長期間停泊させるに適した場所であったと憶測します。
ではどこに専用船を停泊させたのでしょうか。博多湾が、邪馬壹国への最短経路です。博多湾、特に能古島より東は、現在でも室見川樋井川那珂川御笠川宇美川多々良川など、2級河川が11水系、準用河川が10水系など多くの河川が流れ込む湾です。現在は、河川は堤防工事が施され、定まった水路を川は流れます。また湾岸も整備され大型船が停泊できるようになっています。しかし、河岸、湾岸の堤防、干拓工事が行われたのは、もっと後の時代であったと憶測します。
当時の博多湾の海岸線は、現在の国道202号線あたりではなかったと憶測します。現在よりも海岸線は、3km程内陸であったと憶測します。干満の潮位差は、2m程度はあったと推測され、海岸沿いの場所は、多くの河川が流れ込む三角州(デルタ地帯)で、標高3m以下の場所、現在の福岡平野の北部にあたる一帯は、人が住んだり、農作物を栽培するような場所ではなかったと憶測します。歩くにも難儀するような湿地帯で、小船は停泊できたでしょうが、とても魏国の政府官僚専用の大型船を停泊できるような場所は、無かったのではと憶測します。
 能古島より西側の今津湾は、博多湾ほど多くの河川は流れ込んではいませんが、入り江に乏しく、こちらも大型船を停泊するのは困難であったと憶測します。大型船を停泊できたのは、今津湾の西の端の瑞梅川河口の入り江のあたりであったと憶測します。
 
 末廬國の国邑は糸島市波多江と比定しました。伊都國(春日市役所)と方位は、東(99°)で、東南(135°)の記述の許容差の範囲を超えてしまいます。そこで、末廬國の比定地は福岡市西区横浜 熊野神社に訂正します。

 末廬國 福岡市西区横浜 熊野神社
 伊都國 春日市役所


方位は東南東(108°)となり、東南(135°)の記述との相違は、27°になります。しかし、まだほど許容差の範囲を超えてしまいます。おそらく、伊都國の国邑は、春日市役所より、2-3km南にあったと憶測します。

方位2

2-3 狗奴國

狗奴國の比定地は熊本市としました。邪馬壹國(八女市)からの方位は南南東(163°)です。南の許容差の範囲ですが、ややよりです。
狗奴國は、熊本市より玉名市のほうが適していると考えるに至りました。
狗奴國 玉名市役所
方位は南(179°)となり、南の記述の許容差の範囲となります。

方位3

2-4 會稽

最後は、

計其道里當在 會稽東治之東

ここで気になることがあります。魏国の都は洛陽にありました。
洛陽から邪馬壹國(八女市)の方位は、東(90°)、まさに真東に相当するのです。このことは十分認識していたと憶測します。

計其道里當在 魏都之東

と記述しても良かったのです。しかし、そうしなかったのです。
會稽は、の支配する領地です。つまり會稽は、呉の都の意味で叙述されたと憶測します。
會稽東治の比定地は紹興市と憶測していました。邪馬壹國の比定地、八女市の方位は、東北東(68°)で、東(90°)とのずれが22°もあります。の許容差の範囲ですが、少し北過ぎます。東北としてもよい方位です。會稽東治の比定地の紹興市が正しくないと考えます
呉の都は、最初蘇州市にあり、229年建業(南京市)に移りました。蘇州市南京市もかつては會稽郡に属していましたが、後漢の時代に、會稽郡は。領地が広大であったので、北部を分割して呉郡が設置され、蘇州市南京市は、呉郡の管轄になりました。

邪馬壹國在 呉郡都之東

と記述するところを、呉郡呉国をあまりにも直接的な表現なので、婉曲的に古い版図の會稽を採択して記述したのではと憶測します。
従って、會稽東治は、呉国の都建業のあった南京市を比定地とします。
南京市から邪馬壹國(八女市)の方位は、東(80°)であり、東(90°)との許容差の範囲に十分収まります。


魏国の都、洛陽から呉国建業(南京)も方位はです。洛陽から建業まで、650km建業から邪馬壹國まで、1110km洛陽の東の建業の、その東の先には、倭人の国があることを強調したかった、倭人は、呉国および會稽郡の影響を受けていた、あるいは受ける可能性があることを言明したかったと推測します。

方位4


3. 比定地と方位

比定地を以下の表に示します。

比定地


魏志倭人伝の方位の記述は、以前は、磁石が示す方位に基づくと憶測していました。
しかし、地軸(子午線)を基準とする方位に基づくと考えるに至りました。
魏志倭人伝に記述されている方位は、地軸に基づくと仮定します。
魏志倭人伝は、8方位で記述されています。±22.5°が許容差の範囲です。 方位のずれをグラフに示しました。
各方位の記述と地軸に基づく方位とのずれは、末廬國→伊都國27°を除いて、許容差±22.5°の範囲です。末廬國伊都國の国邑の比定には、課題は残ります。
しかし、魏志倭人伝の方位の記述は、地軸(子午線)を基準とするとした仮説は、概ね正しいと憶測します。

方位のずれ

さて、次回は、水行20日、水行10日、陸行1月を検証したいと思います。

(つづく)
不定期、週末更新予定

スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KATS.I

Author:KATS.I
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。