畿内説、九州説、百花乱立の邪馬壹國の比定地 過去の考古学、民俗学の定説に囚われ過ぎているのか プロの歴史学者も、アマチュアの歴史愛好家も 迷宮を彷徨う 魏志倭人伝の呪縛の29文字 南至投馬國 水行二十曰 南至邪馬壹國 女王之所都 水行十日 陸行一月 もし、二十日 十日 一月の記述が無かったならどうだろう 2015年、今、邪馬壹國の比定をGoogle Mapsから試みた


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29.東西南北は地軸の南北極点に基づく

1.方位の基準

東西南北は何を基準に決められているのでしょうか。 
地軸を中心として地球は自転運動をしていますが、この地軸は、南極点北極点とを結ぶ直線です。南極点北極点を基準として、東西南北が決められているのは、現代も古代も同じと考えます。

2.定点での方位の計測

古代は、どのようにして南極北極の位置を知ることが出来たのでしょうか。
太陽を観測することにより、容易に方位を知ることが出来ます。太陽は、朝、昼、夕方で高度が変わります。このため、地面に棒を立てると、影の長さが時刻によって異なります。正午頃、太陽の高度が最も高くなり、棒の影の長さが最も短くなります。南中です。
季節によって周期的に南中時の太陽の高度は変化します。また、南中の時刻も、正午を中心に周期的に変化します。しかし、1日の中で棒の影が最も短くなる南中時の太陽の方位は季節に関係なく一定で、常に南極の方向を示すのです。このように南中時の太陽の方位をと規定して、東西南北の方位は容易に計測することができます。

東西南北

また、周髀算経には、同様に棒を使って太陽の影を観察し、東西の直線を算出する手法(インディアン・サークル法)が記述されています。このような手法も方位を計測する際に、用いられたと憶測します。

インディアンサークル

3.日の出の方位は、東の基準になるのか

太陽は東から昇り西に沈みますが、地軸は黄道に対して傾いているため、日の出時、日の入り時の方位は季節によって変動します。従って、日の出、日の入りの方向は、東西の方位の基準にはならないのです。

魏志倭人伝の記述を以下のように仮定して、解読する研究者の方がいらっしゃいます。
*方位は、日の出の方向をとしたと仮定する。
魏志倭人伝の方位の記述は夏至の頃と仮定する。
九州北部では夏至の日の出時の太陽の方位は、30°くらい東から北方向にずれた、北東微東あたりになります。これを東北、45°のずれと仮定する。

これらの仮定より、魏志倭人伝の方位の記述は、45°のずれがあると提案して解読するのですが、私は賛同しません。
日の出の方位は、季節により大きく異なるので、の基準にはならないからです。

日の出の方向

4.移動中の方位の計測

移動中はどのように方位を計測したのでしょうか。時刻が分かれば、太陽の方向から方位を計測することが出来ます。原理を、アナログ時計を分度器代わりに使用した方法で説明します。短針を太陽の方向に合わせると、時計の12の方向との中間点が、南の方位になるのです。この手法は、時刻が分かれば、アナログ時計がなくても計測可能です。

アナログ時計

このような計測方法も、当時、移動中の方位の計測に用いられていたと憶測します。

また、夜間であれば、天体観測が出来ます。北極星を観測すれば、その位置が北の方位と計測することが出来ます。

当時、方位の計測は、色々な手段があったと憶測します。しかし、天候が悪く、太陽も北極星も観測できない時は、方位は計測できなかったのでしょうか。

5.指南魚による計測

現在は、方位の計測は天候に左右されない手法がも用いられます。GPSでによる、方位の計測です。GPSがなかった数十年前は、方位磁石を用いる方法が一般的でした。
方位磁石は、磁北を基準とするので、地軸の北極とはずれがありmす。しかし、このことは当時の人も熟知していたと憶測します。しかし、そのずれは、10-20°くらいでずれを把握していれば、移動中の方位を計測するには、十分であったと憶測します。古代はGPSの技術はなかったでしょうが、方位磁石は、実用化されていたと憶測します。古代中国の方位磁石は、指南魚と呼ばれていました。下はの時代の指南魚ですが、の時代はこの原型のようなものが、実用化されていたと憶測します。

指南魚

棒状の鉄を高温で焼いた後、棒を南北方向に置いて冷却すると、南に置いたほうがS極に、北に置いたほうがN極に磁化された磁石が出来ます。これを木製の造形物に埋め込みます。古代中国では、造形物に魚が使われ、N極に磁化されたほうを頭に、S極を尾のほうにして埋め込まれました。この木製の魚を器に入れ、水を注いで浮かべると、方位磁石の針の役割をし、頭が磁極を示します。
船での移動の際など、方位の計測には、指南魚のような方位磁石が使われたと憶測します。


6.魏志倭人伝の方位

さて魏志倭人伝に記述された方位は、何を基準にしたのでしょうか。以前は、方位磁石の方位に基づいて記述されたと考えていました。
しかし、今は、地軸に基づく南極点北極点を南北とする、東西南北を基準として記述されたと考えるようになりました。

次の記事で、魏志倭人伝に記述された方位を、地軸に基づく東西南北として検証してみます。





(つづく)
不定期、週末更新予定

スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

記事修正

2016年6月6日

少し、記事を訂正しました。
プロフィール

KATS.I

Author:KATS.I
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。