畿内説、九州説、百花乱立の邪馬壹國の比定地 過去の考古学、民俗学の定説に囚われ過ぎているのか プロの歴史学者も、アマチュアの歴史愛好家も 迷宮を彷徨う 魏志倭人伝の呪縛の29文字 南至投馬國 水行二十曰 南至邪馬壹國 女王之所都 水行十日 陸行一月 もし、二十日 十日 一月の記述が無かったならどうだろう 2015年、今、邪馬壹國の比定をGoogle Mapsから試みた


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.方位と距離の基準

(1) 東西南北は、どのように判断したのか

この時代は、指南魚(古代の羅針盤)が使用されていたと憶測 し、磁北を北として、東西南北を観測していたと憶測します。
魏志倭人伝の解読には、北極点を北としたGoogle Mapsの方位を用いることにします。
磁北点とは、ずれがありますので、解読の際には、偏角を常に念頭において進めることにします。
方向は、8方位で示されています。そこで、Google Mapsの 8方位 ± 22°30″を許容範囲として解読します。
例えば、東南であれば、南南東~東南東を範囲とします。

(2) 距離は、どのように測定したのか

歩測、目測、手用測定儀、天文測量、を駆使して、距離を測定していたのではと憶測します。
短距離は歩測、中距離は目測と手用測定儀、長距離は天文測量が用いられたのでしょう。
地図も精度の高いものが、作成されていたと憶測します。距離を示す場合は、地図を念頭においていたので、直線距離で示したと憶測します。

(3) 距離の単位、1里=何mか

1里を示す基準があり、魏志倭人伝を含めた三国志は、全篇同じ1里の基準で記述されたと推測します。
では、1里=何mなのか。
 
魏志倭人伝には、里で示されている箇所が、15箇所あります。
場所が比定されている以下の、一大國の記述をより推測することにします。

 又南渡一海千餘里 名曰瀚海 
 至一大國
 官亦曰卑狗 副曰卑奴母離 
 方可三百里


一大國壱岐島と断定します。

長崎県企画振興部のホームページ「長崎のしま」によると、壱岐島が、以下のように紹介されています。
 「福岡県対馬の中間地点の玄界灘に浮かぶなだらかな地形の島で、南北17km、東西15km

Google Mapsで見てみると、丸い形をした、標高100m以下の山しかない、なだらかな島であることが分かります。
この壱岐島の大きさは、船上から観測すれば、精度良く、目測できたと憶測します。

壱岐島概観

さて、方可300里の解釈ですが、300里平米とすると、√300=17.3  
正方形とすると、島の1辺は、17.3里となります。
17.3里=15-17km 1里=1kmで、少し長く思えます。
方可300里は、1辺が300里と推測します。
島の東西もしくは南北の距離15-17kmを目測して、300里と記述したと推測します。
15-17kmの中心値16kmを採用して、16km=300里(1里=53.3m)と計測したと推測します。
壱岐島の大きさの計測値を基準値として、1里=53.3mと設定することにします。

壱岐島平面


(つづく)
不定期、週末更新予定

スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KATS.I

Author:KATS.I
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。