畿内説、九州説、百花乱立の邪馬壹國の比定地 過去の考古学、民俗学の定説に囚われ過ぎているのか プロの歴史学者も、アマチュアの歴史愛好家も 迷宮を彷徨う 魏志倭人伝の呪縛の29文字 南至投馬國 水行二十曰 南至邪馬壹國 女王之所都 水行十日 陸行一月 もし、二十日 十日 一月の記述が無かったならどうだろう 2015年、今、邪馬壹國の比定をGoogle Mapsから試みた


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27.1里=53.3m

1里=53.3m?

1里=53.3mと仮定したのは、それほど大きな理由はありません。
魏志倭人伝一大國の記述の方可300里を一辺300里であると推測しました。
長崎県企画振興部のホームページ「長崎のしま」に、壱岐島は、南北17km、東西15kmと記述されていたので、中間値の16kmを採用して、300里=16km から 1里=53.3m と仮定したに過ぎません。
魏志倭人伝に記述されている距離を表す全ての記述と1里=53.3mとの相違を考察してみます。考察にはいくつかの仮定を設定する必要があります。

1.帯方郡治は、開城

帯方郡治を起点にしている記述があるので、これがどこにあったのかを仮定する必要があります。
帯方郡治漢城(現在のソウル)とする説を支持する研究者が多いのですが、私は開城帯方郡の郡治であったと仮定します。漢城は少し内陸過ぎる気がするからです。山東半島の対岸で、朝鮮半島南部の拠点としては、漢城よりは、黄海により近い開城がふさわしいのではと考えます。

2.海岸水行は朝鮮半島の西岸、南岸を船で水行した

循海岸水行、歴韓國乍南乍東は、文字通り、「海岸に沿って韓国を眺めながら、進路を南へ東へ舵を取り船で水行した」と推測しています。
Google Earth で見てみると、朝鮮半島京畿湾から半島西岸、さらに南西端の珍島から半島南岸の釜山までの海域は、水深が極めて浅いことが分かります。海岸から500m以内であれば、水深は5m以下のところがほとんどです。東京湾芝浦から横須賀へ航海するような水深の浅さです。帯方郡から狗邪韓國への海上の航海は、安全なルートであったと憶測します。

半島西岸南岸
 朝鮮半島の西岸、南岸の水深

3.到其北岸狗邪韓國は、狗邪韓國の北岸に到達した

其が何を指しているのか悩むところです。狗邪韓國朝鮮半島の南岸にあったとすると、北岸の記述と相反してしまうのです。最初は、其は倭人の國の代詞と解読しましたが、これでは意味をなしません。北岸は、あくまで大陸、半島、島の北の海岸であるはずです。ここでは島の北岸と考えると矛盾がなくなります。その島が狗邪韓國であると推測するに至りました。島は対馬に近い巨済島であり、「到其北岸狗邪韓國」は、巨済島の北岸に到達した、と推測します。

次の記事で、2点間の距離は、直線距離か行程距離かも含め、1里=53.3mを検証してみたいと思います。


(つづく)
不定期、週末更新予定

スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KATS.I

Author:KATS.I
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。