畿内説、九州説、百花乱立の邪馬壹國の比定地 過去の考古学、民俗学の定説に囚われ過ぎているのか プロの歴史学者も、アマチュアの歴史愛好家も 迷宮を彷徨う 魏志倭人伝の呪縛の29文字 南至投馬國 水行二十曰 南至邪馬壹國 女王之所都 水行十日 陸行一月 もし、二十日 十日 一月の記述が無かったならどうだろう 2015年、今、邪馬壹國の比定をGoogle Mapsから試みた


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26.2地点間は直線距離

2地点間は直線距離?

魏志倭人伝に記述されている2地点間の距離は、行程距離か直線距離なのか。三国志全巻には、2地点間の距離を表す記述が200ヶ所程ありますが、A地点からB地点まで行程距離で何里であるとか、直線距離で何里であるとの記述はされていません。残念ながら2地点間の距離は、行程距離なのか直線距離なの、憶測するより手立てはありません。

前提として、「(二次元空間において) 2地点間の距離は、直線距離が最短距離である」とゆうことは、紀元前300年頃、ギリシャの数学者ユークリッドが公理として示しています。
の時代、政府の役人がこの公理を理解していたものと憶測します。

(1)行程距離の計測は、の時代は難しかった

A地点からB地点までの移動距離(行程距離)を、現代であればGoogle Mapsで調べることも出来ますし、車であれば距離メーターを読み取ることで簡単に調べることが出来ます。しかし、地図にも距離メーターにも頼らず計測することは簡単ではありません。特に移動中に行程距離を計測することは、当時はかなり難しかったと憶測します。
現代の地図でA地点からB地点への経路の総行程距離を調べて、○○km=△△里と仮定して立論するのは、無熟慮であると思います。

(2)移動中の行程距離の計測

 徒歩、乗馬、車輪のついた乗り物、船での移動距離の計測を、現代および当時の手法を吟味してみます。

 徒歩の場合
現代では歩数計を用いて歩数を計測し、一歩の歩幅を掛けて移動距離を計測するのが一般的です。歩幅を正確に一定にすることにより、かなりの精度で計測可能で、これはレンジャー部隊の基礎技術とされています。
 歩測の技量がない場合は、下図のようなホイール型距離計が使用されます。

距離計

 の時代には、歩数計のような携帯タイプのカウンター、あるいは、車輪にカウンターを取り付けた計測器は無かったと憶測します。歩数計ホイール型距離計の代わりに歩数を数えながら計測したと憶測します。忍耐の要る作業だったと憶測します。
 
 乗馬の場合
 移動距離をどのように計測するのでしょうか。常歩でずとっと歩行すれば、馬の歩数を数えることで、徒歩と同じように計測できると思われます。しかし、速歩駈歩が複合すると現代でも計測は難しいし、精度は低いと思われます。
 常歩の場合、時速6~7km
 速歩の場合、時速12-14km
 駈歩の場合、時速20kmくらい
 近年、犬用の歩数計が開発されました。しかし、乗馬用の歩数計はまだ実用化されていません。常足、速足、駈足、それぞれの馬の歩法の振動を正確に感知できる歩数計が開発されれば可能となるでしょうが、現時点では、地図を頼りにするしか手段はありません。の時代、乗馬で移動距離を計測することは困難だったと憶測します。

 車輪のついた乗り物の場合
 車輪の回転回数の総計から直接距離を測定することが出来ます。ただ、目視で回転回数を数えることは骨の折れる作業です。車輪にカウンターがついていれば計測は容易です。の時代、車輪にカウンターを付けた機器は無かったのではと憶測します。馬車、牛車などでの移動では、移動距離の計測は困難であったと憶測します。

 船での移動の場合
 現代でも、船の移動距離は、直接測定することは出来ず、移動速度x時間=移動距離の演算を行い、距離を計測します。モーターボードの距離計は、水圧から速度を計測し、その速度で移動した時間を積算することにより移動距離を計測しています。もちろん、GPSを利用して、位置を計測し、その移動距離を積算する方法も用いられています。
の時代、このような技術はなく、船で移動した場合、その移動距離を計測することは出来なかったと憶測します。

つまりの時代、移動距離は徒歩の場合、計測が可能であったと憶測します。

(3) 直線距離の計測

直線距離の計測はどのように行われるのでしょうか。
現代では、光波や電波を用いる電磁波測距儀で計測が行われています。少し前までは、三角測量で計測が行われていました。三角測量は、目視もしくは望遠鏡で確認可能な範囲であれば計測が可能です。歴史は古く、周髀算経にも記述されており、の時代も直線距離の計測に三角計量が用いられていたと憶測します。
また、目視出来ない2地点間の直線距離は、太陽を含めた天体を用いた天文測量を用いて計測することも、周髀算経に記述されており、の時代にも用いられたと憶測します。
直線距離は、下図のような象限儀を用いて、三角計量が行われたと思われます。象限儀



の時代、直線距離の計測は、精度良く計測できたと憶測します。

では、2地点間の距離は、行程距離なのか、直線距離なのか。これは個別に吟味する必要があると思います。



(つづく)
不定期、週末更新予定


スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KATS.I

Author:KATS.I
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。