畿内説、九州説、百花乱立の邪馬壹國の比定地 過去の考古学、民俗学の定説に囚われ過ぎているのか プロの歴史学者も、アマチュアの歴史愛好家も 迷宮を彷徨う 魏志倭人伝の呪縛の29文字 南至投馬國 水行二十曰 南至邪馬壹國 女王之所都 水行十日 陸行一月 もし、二十日 十日 一月の記述が無かったならどうだろう 2015年、今、邪馬壹國の比定をGoogle Mapsから試みた


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23.儋耳 朱崖

所有無 與儋耳朱崖同

儋耳、朱崖は、現在の海南島と断定できます。魏志倭人伝の記述は以下です。

作衣如單被 穿其中央 貫頭衣之
種禾稻紵麻 蠶桑緝績
 出細紵縑緜
其地無 牛馬虎豹羊鵲
兵用 矛 楯 木弓 木弓短下長上 竹箭 或鐵鏃 或骨鏃 
所有無 與儋耳朱崖同 


この文章は、漢書儋耳、朱崖の記述の文章構成が引用されています。漢書の記述は以下です。同じ箇所を青字で示しました。

武帝元封元年 略以為 儋耳 朱崖郡
民皆 服布如單被 穿中央 為貫頭
男子耕農 種禾稻紵麻 
女子桑蠶織績
亡馬與虎 民有五畜 山多麈
兵則 矛 盾 刀 木弓弩 竹矢 或骨為鏃


周辺國13

海南島海口八女とは2500km離れています。気候も地形も違ったと推測します。しかし風俗、耕種は共通点があったと記述されています。
服装は貫頭衣(ポンチョ)。
主要耕種は(あわ)(いね)(からむし)(あさ)と緝績のための、桑。
良く同化しています。海南島は、古代(縄文時代後期)同じ民族が支配していたのではと憶測します。



(つづく)
不定期、週末更新予定

スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KATS.I

Author:KATS.I
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。