畿内説、九州説、百花乱立の邪馬壹國の比定地 過去の考古学、民俗学の定説に囚われ過ぎているのか プロの歴史学者も、アマチュアの歴史愛好家も 迷宮を彷徨う 魏志倭人伝の呪縛の29文字 南至投馬國 水行二十曰 南至邪馬壹國 女王之所都 水行十日 陸行一月 もし、二十日 十日 一月の記述が無かったならどうだろう 2015年、今、邪馬壹國の比定をGoogle Mapsから試みた


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21.周旋5000里

魏志倭人伝帯方郡からの行程を解読し、邪馬壹國は、福岡県筑後地方矢部川の北の堆積平野に比定しました。考察の基点は八女市役所とします。魏志倭人伝には、邪馬壹國の位置の記述がいくつかあります。それを考察してみます。

1) 倭人在 帶方東南 大海之中
2) 自郡 至女王國 萬二千餘里
3) 計其道里 當在會稽 東冶之東
4) 參問倭地 絕在海中洲島之上 
  或絕或連 周旋可五千餘里


これらをGoogle Mapsで見てみます。

周旋5000里11

1) 邪馬壹國(八女市役所)は、帯方郡(開城)の東南にあると記述されています。ほぼ南東微東の位置であり、東南にあたります。

2) 帯方郡(開城)から邪馬壹國(八女市役所)は、12,000里。直線距離は637km。1里=53.3mの設定ですので、11,950里となります。

3) 會稽紹興と設定します。邪馬壹國(八女市役所)會稽(紹興)の東にあると記述されています。位置は東北東より若干北寄りになります。ぎりぎりですが東ではなく、東北の位置にあたります。ここでは、西偏6-10度の偏角が認められます。

4) 倭地(女王の國)の版図は、周囲5000里(267km)であったと憶測します。筑紫平野、福岡平野、糸島半島の平野部を合計すると周旋273km (5120里) となります。對馬國(対馬)一大國(壱岐島)は、女王國の國の版図には含まれていなかったと憶測します。

周旋5000里12

周旋5000里13



(つづく)
不定期、週末更新予定

スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KATS.I

Author:KATS.I
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。