畿内説、九州説、百花乱立の邪馬壹國の比定地 過去の考古学、民俗学の定説に囚われ過ぎているのか プロの歴史学者も、アマチュアの歴史愛好家も 迷宮を彷徨う 魏志倭人伝の呪縛の29文字 南至投馬國 水行二十曰 南至邪馬壹國 女王之所都 水行十日 陸行一月 もし、二十日 十日 一月の記述が無かったならどうだろう 2015年、今、邪馬壹國の比定をGoogle Mapsから試みた


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18.「里」と「日」の併用

 何故、筆者は距離の記述に「」と「」を併用したのでしょう。
 帯方郡から邪馬壹國への行程を以下にまとめました。

帯方郡==狗邪韓國==循海岸水行==7000=餘里
狗邪韓國=對馬國===始度一海===1000=餘里
對馬國==一大國===又南渡一海==1000=餘里
一大國==末廬國===又渡一海===1000=餘里
末廬國==伊都國===東南陸行====500=里
伊都國==奴國====東南======100=里
奴國===不彌國===東行======100=里
不彌國==投馬國===(南)水行=====20=日 (220 里)
投馬國========(南)水行=====10=日 (110 里)
=====邪馬壹國==(南)陸行=======月 (330 里)

距離の数字が綺麗過ぎるくらい整っています。見事といえます。
切のよい数字が並び、目的地に近づくに従い逓減し、そして最後は1で目的地に達するのです。
魏志倭人伝を含め、筆者の三国志は名文です。 簡潔でリズムが良く、臨場感があり、また必要なことは落としていないのです。
もし行程を全て里で示したら、数字を丸めても、逓減させることは出来ないし、1で目的地に達することも出来ません。
このひと工夫をした筆者の力量の高さには感服します。筆者は、邪馬壹國に対して思い入れが高かっと推測します。ただ、工夫をしたからには、「」と「」の換算値を記述する必要があったのです。

魏志倭人伝で距離を「」で示したのは4ヶ所です。

水行二十日 水行十日 陸行一月 船行一年

女王國の周辺国の記述のなかで、あえて船行1年の一文を入れ、「里」と「日」の換算値を示していたのです。

去女王 四千餘里 又有裸國 黑齒國 復在其東南 船行一年可至

4000里=1年(365日) 

併用11

併用12

240年○月1日午前6時 帯方郡 (開城) 発
240年○月12日午後1時 女王の都、邪馬壹國(矢部川流域の堆積平野)着
  所要日数 11泊12日 (うち船中泊 5泊6日)
  船行距離  890km
  陸行距離   50.6km
  水行距離   20.8km
 総行程距離  961.4km


(つづく)
不定期、週末更新予定
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KATS.I

Author:KATS.I
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。