畿内説、九州説、百花乱立の邪馬壹國の比定地 過去の考古学、民俗学の定説に囚われ過ぎているのか プロの歴史学者も、アマチュアの歴史愛好家も 迷宮を彷徨う 魏志倭人伝の呪縛の29文字 南至投馬國 水行二十曰 南至邪馬壹國 女王之所都 水行十日 陸行一月 もし、二十日 十日 一月の記述が無かったならどうだろう 2015年、今、邪馬壹國の比定をGoogle Mapsから試みた


00.初めに

2015年6月、ある本を読んだのが、きっかけでした。 
「邪馬台国は四国にあった」の章タイトルには、「とんでもない」と感じました。

ただ、気になって「邪馬台国はどこにあったのか」、定説本を購入して読んでみようとAmazon.co.jpで検索しました。しかしながら、カスタマーレビューを参考にしても、定説本と思える本に辿り着かず、それならば、独力で魏志倭人伝を調べて、自分なりに邪馬壹國を比定しようと思った次第です。

取り敢えずウキペディア魏志倭人伝を調べました。邪馬壹國への行程は僅か11文章、文字にして384字しかないのには、驚きました。これなら初心者でも解読できるのではと感じました。

諸先輩方の研究の見解も、何箇所かサイトで拝読させていただきました。方位読替説放射状説Or説云々、色々な見解があり決定的な定説が無いことが、あらためて分かりました。

でも僅か384字しかないのに、何故諸説が乱立しているのか。これは、本文の記述に辻褄が合わない部分があるに違いない。
それがどの部分か分かれば、解読の鍵になるのではと考えました。

帯方郡から邪馬壹國への行程は、距離(里)、方位、日数の3変数で記述されています。

また、経由地8箇所の簡略な情景の記述があり、これらを解読しながら最終到達地、邪馬壹國を特定していくことになります。

さらに魏志倭人伝には、邪馬壹國(女王國)の周辺地域を距離、方位、日数で示す文章が6箇所あり、これらも解読の重要な鍵になります。

初心者にとって情報量は十分過ぎると感じ、無謀ではありすが、邪馬壹國の比定の考察を始めることにしました。

(つづく)
不定期、週末更新予定
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KATS.I

Author:KATS.I
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる